確定拠出年金の節税効果が凄すぎる!

・節約全般

確定拠出年金ってご存知ですか?

調べてみると、掛け金の全額が所得から控除されるという超節税商品らしいです。

スポンサードリンク

確定拠出年金とは?

確定拠出年金は、拠出された掛金が個人ごとに明確に区分され、掛金とその運用収益との合計額をもとに年金給付額が決定される年金制度です。(引用元:厚生労働省 確定拠出年金制度の概要

分かりづらいですが、国の年金とは別に個人が入る年金で、税金は控除してあげるから自分で運用しなさいねって制度のようです。

確定拠出年金のメリット

・加入者個人が運用の方法を決めることができる。
・社員の自立意識が高まる。
・経済・投資等への関心が高まる。
・運用が好調であれば年金額が増える。
・年金資産が加入者ごとに管理されるので、各加入者が常に残高を把握できる。
・一定の要件を満たせば、離転職に際して年金資産の持ち運びが可能。
・企業にとっては、掛金の追加負担が生じないので、将来の掛金負担の予測が容易。
・掛金を算定するための複雑な数理計算が不要。
・拠出限度額の範囲で掛金が税控除される。

(引用元:厚生労働省 確定拠出年金制度の概要

僕としては、株や投資信託などリスク商品で良い思いをしたことがないので、一番下の「拠出限度額の範囲で掛金が税控除される」が気になって調べ始めました。

調べてみると、この税控除というのは所得から掛け金が控除されることで、その分の所得税と住民税が安くなるようです。

どのくらい安くなるかというと、サラリーマンで所得金額が330~695万円の人が月に1万円を掛けた場合、

所得税:1万円×12ヶ月×20%=2.4万円

住民税:1万円×12ヶ月×10%=1.2万円

合計 3.6万円

が年末調整で返ってくる計算になります。

ということは、元本割れしない定期預金タイプの確定拠出年金にしておけば20年後には、

元本:1万円×12ヶ月×20年=240万円

+利息

+節税効果:3.6万円×20年=72万円

になります!

試しに年間12万円積立×利息2.5%で20年間運用した場合と比べてみましたが、遜色ありませんでした。

■年間12万円積立×利息2.5%シミュレーション

掛け金 利息2.5%
1 120,000 3,000
2 243,000 6,075
3 369,075 9,227
4 498,302 12,458
5 630,759 15,769
6 766,528 19,163
7 905,692 22,642
8 1,048,334 26,208
9 1,194,542 29,864
10 1,344,406 33,610
11 1,498,016 37,450
12 1,655,466 41,387
13 1,816,853 45,421
14 1,982,274 49,557
15 2,151,831 53,796
16 2,325,627 58,141
17 2,503,768 62,594
18 2,686,362 67,159
19 2,873,521 71,838
20 3,065,359 76,634
利息_計 741,993
元本_計 2,400,000

銀行の利息が0.03%とかいう時代に、素人でも2.5%近い運用ができるわけです。

これってすごいですよね?

 

確定拠出年金のデメリット

もちろん、良い話だけではなくて、デメリットもあります。

・投資リスクを各加入者が負うことになる。
・老後に受け取る年金額が事前に確定しない。
・運用するために一定の知識が必要。
・運用が不調であれば年金額が減る。
・原則60歳までに途中引き出しができない。
(退職金の代わりにはならない)
・勤続期間が3年未満の場合には、資産の持ち運びができない可能性がある。
・加入者ごとに記録の管理が必要になるため、管理コストが高くなりやすい。

(引用元:厚生労働省 確定拠出年金制度の概要

元本保証にして利回りに期待しなければ、「原則60歳までに途中引き出しができない。」以外は、あまりデメリットに感じられません。

本当なら、こんな良い商品があるならすぐにでも加入したいところですが、借金持ちで返済優先のため加入することができません。

貯金0で、60歳まで引き出せない運用はさすがに無理ですよね・・・。そもそも運用する資産が無いわけだし・・・。

 

と暗くなってしまいましたが、今回こういった金融商品があるという事を知って、借金完済までにもっとお金の勉強をして完済後の運用方法を決めておこう!と決意を新たにしたのでありました。

完済後のことをイメージして、モチベーションアップしていきます!

スポンサードリンク

この記事が気に入って頂けたらクリックをお願いします^^

関連記事

a0016_000225

NHKや自動車保険の年払いは本当にお得か?

NHKや自動車保険、その他の定期購入商品では、年払いと月払いを選べることが多いです。 普通の方

記事を読む

a1320_000194

交通安全協会費を払わないで1,500円の節約。

車の運転をする方はご存知かと思いますが、免許証の更新をしに警察署に行くと必ず言われる「交通安全協会に

記事を読む

debit

VISAデビットカードとクレジットカードの使い分けと家計簿への記入方法。

VISAデビットカードを取得してから1ヶ月が経ったので、僕がVISAデビットカードとクレジットカード

記事を読む

rec0309

リクルートカードプラスに申し込んだら落ちた。

ポイントが2%も貯まるという今話題のカード「リクルートカードプラス」に申し込んだところ、落ちました。

記事を読む

debit

りそな銀行Visaデビットカードが届いたので、Amazon、楽天、Suicaで使ってみました。

ようやく、りそな銀行からVisaデビットカードが届いたので、早速使ってみました。  

記事を読む

【楽天市場】【ベルギー産】ユーロホップ 330ml×1ケース(24本)《024》:酒のビッグボス

第3のビールを飲むくらいなら、安くてうまい「ユーロホップ」がおすすめ。

最近は、ビール代の節約として、スーパーのPB(プライベートブランド)の第3のビールを飲んでいましたが

記事を読む

a0002_011705

消費税増税でせっかくの固定費節約が台無し。

いよいよ4月から消費税が3%上がります。我が家へのダメージがどれくらいか考えてみました。 &n

記事を読む

a1180_007490

サラリーマンの昼食代は518円?僕の過去6ヶ月の昼食代と比較してみた。

新生銀行が20~50代の男性サラリーマンに取ったアンケートによると、サラリーマンの昼食代の平均は51

記事を読む

a0001_002121

子供の学習費を調べてみたら借金返済より大変なことに気付きました。

ここのところ「お金」に関する本を多く読んでいるせいか、借金完済後のことをよく考えます。 仮に3

記事を読む

a0001_015088

自動車保険をソニー損保に乗り変えたら保険料が1万円も安くなった!

アクサダイレクトの自動車保険の更新時期が来たので、ソニー損保で保険料の見積もりを取ってみました。

記事を読む

PR

PAKU6479_TP_V4
痩せすぎ男な僕がガリガリな体を克服した3つの方法

僕は小学校の頃からずっと痩せていて、「ガリガリ君」や「虚弱体質」と言っ

a0002_011360
借金経験者の住宅ローンの返し方

「借金経験者なのにマイホームを買ったしまった」人向けの住宅ローンの返し

a0001_017444
火災保険に入ったので「こども総合保険」と「自転車保険」を解約しました

子供が他人に怪我をさせたり、他人の物を壊してしまったりという時に備えて

a0007_001469
賢いお金の使い方を考えてみた。キーワードは、「資本」「健康」「教育」。

どうしたら自分のお金を無駄無く効率的に使えるかと考えた時、「資本」「健

a0002_011360
借金を完済したばかりでも住宅ローンの審査に通った!

バンクイックカードローンの借金を完済してから、早3ヶ月。借金の返済が無

→もっと見る

PAGE TOP ↑