【トイレの節水グッズ】「ウォーターセーバー」を買ってみました。

・水道代節約

水道光熱費の節約を始めました。手始めにトイレの節水グッズ「ウォーターセーバー」を買って使ってみました。

 

スポンサードリンク

水道代がどこにかかっているか考えてみた

我が家の水道代は、大体2ヶ月で8,000円くらいです。この水道代を少しでも節約する方法を考えてみたところ、すぐに思いついたのは風呂や炊事・洗濯でしたが、それ以外にも家族4人が毎朝行き、学校や会社からの帰宅後、寝る前とかなりの回数利用するトイレも結構な水道代がかかっているのではないかと考えました。

 

自宅のトイレタンクに使える節水グッズを探してみた

我が家のトイレは、今流行の節水タイプではなく昔のトイレなのですごく流れが早くいつももったいないと感じていました。だから、多分トイレタンクに何か入れたら、節水効果が出るんだろうという気はしていましたが、よく聞く水を入れたペットボトルを入れる方法はトイレタンクに良くないと聞いたので、それ以外のグッズを探しました。

 

トイレタンクに重石を入れて、流れる水量を減らすグッズを発見!

何かいいものがないかとネットで探していたら、Amazonでこの商品をました。早速購入し、トイレに設置してみました。

それが「ウォーターセーバー」です。

この商品は、トイレタンク内のフロートバルブの上に、この「ウォーターセーバー」を装置するだけで節水できる優れ物とのこと。どうやら、一般的なトイレの仕組みは、タンクから流れる水が空になるまで流れて、空になったらフロートバルブが閉まり、水が貯まっていく仕組みのようです。

toto
(引用元:toto「トイレのしくみ」

だから、この「ウォーターセーバー」をトイレタンクの中に設置すると、本来はタンクの水が空になるまで閉じないはずのフロートバルブを、「ウォーターセーバー」の重みで強制的に閉じさせることができます。そうすることで、水量がかなり減らすことができます。

ただ、1点注意しなければならいのは、『小』の時は問題無いのですが、『大』の時は長め(5秒くらい)にレバーを下げていないと、排管内で詰まってしまうことがあるそうです。タンクの蓋を開けたまま使ってみた感触だと、『大』は今まで通り水が全部無くなるくらいで流した方が良さそうです。その辺りは、Amazonや楽天のクチコミにも色々と詳しく説明されているので、チェックしてみください。

いまのところ、順調に節水できている気がするので、今度の水道代の請求が楽しみです!

その他Amazonの節水グッズ!

 

この記事が気に入って頂けたらクリックをお願いします^^

関連記事

51FqF9OysML._SL160_

【お風呂の節水グッズ】お風呂の垢取り「アカパックン」を買ってみました。

お風呂に浮かべておくだけ皮脂を吸着してくれるという「アカパックン」を使って、お風呂の節水を始めました

記事を読む

21WmTM2-X3L._SL160_

【お風呂の節水グッズ】節水シャワーヘッド「3Dアースシャワー」を買ってみました。

トイレの節水に続いて、お風呂の節水グッズ 節水シャワーを買ってみました! 

記事を読む

PR

no image
借金返済のための家計診断します(無料)。

借金返済の経験を活かして、家計改善のアドバイスをします。家計簿

no image
借金経験者の住宅ローンの返し方

「借金経験者なのにマイホームを買ったしまった」人向けの住宅ローンの返し

no image
火災保険に入ったので「こども総合保険」と「自転車保険」を解約しました

子供が他人に怪我をさせたり、他人の物を壊してしまったりという時に備えて

a0007_001469
賢いお金の使い方を考えてみた。キーワードは、「資本」「健康」「教育」。

どうしたら自分のお金を無駄無く効率的に使えるかと考えた時、「資本」「健

a0002_011360
借金を完済したばかりでも住宅ローンの審査に通った!

バンクイックカードローンの借金を完済してから、早3ヶ月。借金の返済が無

→もっと見る

PAGE TOP ↑